ライブラリー > 「NewsLetter」バックナンバー > 2007年発行 > 第244号(2007年8月10日発行)

第244号(2007年8月10日発行)

投稿者: Admin 掲載日: 2007-08-10 (2254 回閲覧)
第244号(2007年8月10日発行)

**********************************************************************
     スイートバレー推進協議会が提供する無料の電子情報誌
           ニューズレター 第244号
          2007年 8月10日(金)発行
           <今号の配信数 1094件>
**********************************************************************
========================◆ニューズレター 目次◆=======================

 ○スイートバレー推進協議会会員からのお知らせ(1件)
  ・(株)オービックビジネスコンサルタントより
   製造業の皆様へ聞いて得するセミナー
   ( Q・C・D by C 診断セミナー)(8/28)開催のご案内
 ○ソフトピアジャパンからのお知らせ(1件)
  ・情報通信セキュリティ人材研修センターからのお知らせ
  ・全国マルチメディア専門研修センターからのお知らせ
 ○テクノプラザからのお知らせ(1件)
  ・アネックス・テクノ2/ものづくりセミナーのご案内
 ○その他のお知らせ(2件)
  ・(財)岐阜県身体障害者福祉協会より一般公募型プロポーザル実施ご案内
  ・ソフトピアジャパン・ホームページにおける中小企業向け支援情報提供

**********************************************************************
1.スイートバレー推進協議会会員からのお知らせ (1件)
**********************************************************************
△▼ (株)オービックビジネスコンサルタントより
 製造業の皆様へ聞いて得するセミナー
        ( Q・C・D by C 診断セミナー)(8/28)開催のご案内 ▲▽

 ものづくり技術を世界に誇る日本の製造業。その技術力も、企業の利益を確
保し、成長しつづけることで真価を発揮します。製造業が成長するためには、
Quality〔高品質〕・Cost〔原価低減〕・Delivery〔納期短縮〕とそれらの基
盤となる Culture〔企業文化〕を磨くことが必須です。
 本セミナーでは、〔 Q・C・D by C 〕を製造業の共通基準として、御社の現
状とあるべき姿を可視化し、各部署さらには全社で〔 Q・C・D by C 〕をどの
ように改善していくか、4つのステップから紐解いていきます。

【日 時】平成19年08月28日(火) 13:30〜15:00(受付13:00〜)
            展示会場 13:00〜17:00
【会 場】岐阜県大垣市 ソフトピアジャパン10F 中会議室1
【講 師】山田ビジネスコンサルティング株式会社 コンサルティング事業部
【定 員】30名
【参加費】無料
【セミナー参加の流れ】
 1:セミナー申込み後、部署別に現状チェック項目に答えて返信下さい。
 2:来場時に簡易診断書を進呈。講師が御社へ診断コメントをお返しします。
 3:評点アップに成功した企業をサンプルに、QCDbyCのあるべき姿を定義!
 4:QCDbyCの改善に成功した企業事例から、改善効果を体感!
【主 催】(株)オービックビジネスコンサルタント
【申込み】下記連絡先までお電話下さい。
 ÷÷△÷÷÷÷÷÷△÷÷÷÷÷÷△÷÷÷÷÷÷△÷÷÷÷÷÷△÷÷
【問合せ】(株)オービックビジネスコンサルタント
     TEL:0584-77-6260
**********************************************************************
2.ソフトピアジャパンからのお知らせ (2件)
**********************************************************************
□■□■ 情報通信セキュリティ人材研修センターからのお知らせ ■□■□
 ◇◆9月開催予定◆◇

/// 高度ICT人材育成講座−第2回 セキュリティ関連法令解説コース ///
  http://www.softopia.or.jp/training/sr-2.html
 情報セキュリティとコンプライアンスの接点や、情報セキュリティ関連法令
について事例を交えて解説致します。
【日 時】平成19年09月05日(水)〜06日(木) 10:00〜17:00
【会 場】ソフトピアジャパンセンタービル 11階
     情報通信セキュリティ人材育成センター 研修室2
【内 容】1.情報セキュリティ関連法令の概要
     2.情報セキュリティ関連法規について理解すべきポイント
     3.コンプライアンスと情報セキュリティ
     4.ネットワーク関連の業務上諸問題
【講 師】高橋 恭司氏
     啓明総合法律事務所 弁護士・弁理士
【対象者】法令業務担当者
【受講料】42,000円 (教材費、消費税含む)

/// インシデントレスポンス実践コース ///
  http://www.softopia.or.jp/training/ir-3.html
 インシデントレスポンスの基礎知識と、事前・事後に準備すべき事を理解し
ていただいた上で、シミュレーターを用いたインシデント発生実習を通じて、
異常の検知から環境の復旧、報告書の作成に至るまでの手順を習得していただ
きます。
【日 時】平成19年09月11日(火)〜13日(木) 10:00〜17:00
【会 場】ソフトピアジャパンセンタービル 11階
     情報通信セキュリティ人材育成センター 研修室1
【内 容】1.セキュリティ概論
     2.セキュリティ対策基礎
     3.インシデントレスポンス基礎
     4.インシデントレスポンスの技術的要素
     5.インシデントレスポンス実践
      ・インシデントレスポンス事前準備、例題演習
      ・インシデントレスポンス訓練、実践
【対象者】企業リスク管理担当者
     情報セキュリティマネジメント担当者
     情報システム業務従事者
【受講料】126,000円 (教材費、消費税含む)

★申込用紙★ http://www.softopia.or.jp/training/securityapply.html
   +++■++++++■++++++■++++++■+++
【問合せ】財団法人ソフトピアジャパン 人材育成室 人材育成担当
     TEL:0584-77-1166 FAX:0584-77-1107
----------------------------------------------------------------------
▽▲▽▲▽ 全国マルチメディア専門研修センターからのお知らせ ▽▲▽▲▽

///アプリケーションエンジニア試験 午後?・? 対策講座///
【開催日】平成19年 9月7日(金)・8日(土)・10月3日(水)
     各日とも 午前9時30分〜午後4時30分[3日間]
【学習目標】
 平成19年10月のアプリケーションエンジニア試験合格を目指す方のための直
前対策研修です。主に午後?(記述試験)、午後?(論文試験)について知識
の再確認、演習・解説講義を行います。特に難関とされる論文については合格
論文の書き方を伝授し、また、講座内において、実際に本試験レベルの論文を
作成していただきます。(担当講師による論文の添削指導も行います)
【受講料】65,000円(税・教材費込)
【申込締切日】平成19年8月23日(木)

///使える見積もり技術 〜ファンクションポイント法編〜///
【開催日】平成19年9月10日(月)〜11日(火)
     各日とも 午前10時〜午後4時45分[2日間]
【学習目標】
 必要なコストをユーザー企業に納得してもらうため、さらにシステム開発に
必要なリソースを的確に把握するためには、根拠のある見積もりが必要です。
ファンクションポイント法は、要求定義をもとにソフトウェアの規模を計測す
る定量化手法の一つで、さまざまな企業や行政機関で採用されています。この
講座では、豊富な演習に よってファンクションポイント法による見積もりを
行うことのできるスキルを習得します。
【受講料】38,000円(税・教材費込)
【申込締切日】平成19年8月24日(金)

///ホームページ作成 〜HTML/CSS編〜///
【開催日】平成19年9月11日(火)〜12日(水)
     各日とも 午前10時〜午後4時45分[2日間]
【学習目標】
 最近では、ホームページ作成ソフトを使用してホームページを作成すること
が普及し、HTML(Hypertext Markup Language)を使用することは少なくなり
ましたが、本来、ホームページはHTMLで記述されています。また、CSS
(Cascading Style Sheets)はホームページのレイアウトや見栄えといった、
視覚的な要素を指示するものです。ホームページに細かな修正を加えたり、統
一されたデザインのホームページを作成するためには、HTMLやCSSに関する知
識は不可欠です。この講座では、HTMLとCSSの基本ルールを、ホームページの
作成演習を行い ながら学習します。
【受講料】26,000円(税・教材費込)
【申込締切日】平成19年8月27日(月)

 ÷÷▼÷÷÷÷÷÷▼÷÷÷÷÷÷▼÷÷÷÷÷÷▼÷÷÷÷÷÷▼÷÷
【問合せ】全国マルチメディア専門研修センター/研修担当
     〒503-0807 大垣市今宿6-52-16 ドリームコア1階
     TEL:0584-77-1113 FAX:0584-77-1134
     E-mail:training@inits.jp
     URL:http://www.inits.jp/kensyu/
**********************************************************************
3.テクノプラザからのお知らせ (1件)
**********************************************************************
●○●○● アネックス・テクノ2/ものづくりセミナーのご案内 ●○●○●

/// 3次元CAD 体験(夜間開催コース) ///
【開催日】平成19年8月23日(木)
     午後6時〜午後9時00分[1日間]
【学習目標】
 優れた操作性で定評のある3次元CADソフトSolidWorksを使用
して、3次元モデリング演習を行いながら、ソリッドモデリングの基本操作を
体験します。
【受講料】2,000円(税込) テキスト付き

/// UG 基礎 ///
【開催日】平成19年8月28日(火)〜30日(木)
     各日とも 午前10時〜午後5時00分[3日間]
【学習目標】
 自動車及び関連業界で高いシェアを持つUnigraphics NX2を
使用して、基本操作を習得します。
【受講料】42,000円(税込) テキスト付き

/// 実践! コストダウン研修 ///
【開催日】平成19年8月22日(水),23日(木) 午前10時〜午後5時00分[2日間]
【学習目標】
 原価を徹底的に見直し、創意・工夫・改善によりコストダウンをシステマ
ティックに展開する「利益創出方法」と行動を成功に導くためのマネジメント
手法を習得します。
【受講料】14,000円(税込) テキスト付き

/// FDM3000による試作加工 実技研修 ///
【開催日】平成19年8月21日(火) 午前10時〜午後5時00分[1日間]
【学習目標】
 試作加工機(FDM3000)を使用してサンプルの造形実習を行います。実習
を通して機器の操作方法及びモデリング方法を習得します。持ち込みデータに
よる造形実習も相談に乗ります。
【受講料】9,000円(税込) テキスト付き

★申込用紙★ http://www.annextechno2.gr.jp/kenshu/ordersheet.doc
   +++●++++++●++++++●++++++●+++
【問合せ】アネックス・テクノ2/研修担当
     〒509-0108 各務原市須衛町4-179-19
     TEL:058-379-6370 FAX:058-379-3332
     E-mail:kensyu@annextechno2.gr.jp
     URL:http://www.annextechno2.gr.jp
**********************************************************************
4.その他のお知らせ (2件)
**********************************************************************
■□各種団体の中小企業支援事業(公募・助成金・補助金情報等)のご案内■

○(財)岐阜県身体障害者福祉協会より一般公募型プロポーザル実施のご案内○
○●「ウェブアクセシビリティ診断ツールの開発 及び
             診断技術取得研修(講師育成)の実施業務」●○

 (財)岐阜県身体障害者福祉協会では、岐阜県が定めるウェブアクセシビリ
ティガイドライン(岐阜県公式サイト「ぎふポータル」パブリック・コメント
参照 URL:http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11120/accessibility/)
に基づき、障害者自身による「ウェブアクセシビリティ診断/認定サービス」
を推進することにより、障害者の就労を促進することを目的として、「ウェブ
アクセシビリティ診断技能の取得と実践による障害者の就労等自立支援事業」
を実施します。
 つきましては、下記により、診断サービスを行うためのツール(ソフトウェ
ア)の開発及び講師育成を目的としたウェブアクセシビリティ診断技術の取得
研修を実施していただく企業等の候補者を募集します。

【募集期間】平成19年08月09日〜23日
【詳  細】当協会ウェブページに掲載の実施要領をご覧ください。
 URL:http://www.human-i-land.com/gisinsyou/koboyoryo_hyosi.html 
    +++○++++++○++++++○++++++○+++
【事務局】(財)岐阜県身体障害者福祉協会
     TEL:058-273-1111 内線2540
     E-mail:fureaipc@tcp-ip.or.jp
     URL:http://human-i-land.com/gisinsyou/
----------------------------------------------------------------------
◎ ソフトピアジャパン・ホームページにおける中小企業向け支援情報提供 ◎
  URL:http://venture.softopia.or.jp/modules/news/

・「健康長寿産業育成のための地域連携実証事業」の提案公募  【愛知県】
  http://venture.softopia.or.jp/modules/news/article.php?storyid=131
・「Mash up Award 3rd」                【Award事務局】
  http://venture.softopia.or.jp/modules/news/article.php?storyid=130
・新商品の生産により新たな事業分野の開拓を図る事業者の募集 【岐阜県】
  http://venture.softopia.or.jp/modules/news/article.php?storyid=129

========================◆次号原稿の締切◆============================
■第245号は、8月24日(金)発行の予定です。
 原稿掲載希望の方は8月22日(水)までに下記ホームページから、又は下記
アドレスにメールでお送りください。
 なお、企業からの情報提供は、スイートバレー推進協議会会員企業に限らせ
ていただいております。
  URL:http://sweet-valley.jp/modules/inquirysp3/
  E-mail:info@sweet-valley.jp
===========================◆お知らせ◆===============================
■ニューズレターの購読中止、アドレスの変更は、現在の登録メールアドレス
 登録名をお書きになって、下記までメールをお寄せください。
 E-mail:info@sweet-valley.jp
======================================================================
■編集・発行:スイートバレー推進協議会/担当:近藤・五井
 〒503-8569 大垣市加賀野4−1−7 ソフトピアジャパン内
 TEL:0584-77-1177 FAX:0584-77-1107
     info@sweet-valley.jp  http://sweet-valley.jp
           All rights reserved
======================================================================
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 第245号(2007年8月24日発行) 第243号(2007年7月27日発行) 次の記事