ライブラリー > 「NewsLetter」バックナンバー > 2010年発行 > 第315号(2010年6月18日発行)

第315号(2010年6月18日発行)

投稿者: Admin 掲載日: 2010-06-18 (2003 回閲覧)
第315号(2010年6月18日発行)

**********************************************************************
     ぎふIT・ものづくり協議会が提供する無料の電子情報誌
           ニューズレター 第315号
          2010年 6月18日(金)発行
           <今号の配信数 1136件>
**********************************************************************

========================◆ニューズレター 目次◆=======================

 ●ソフトピアジャパンからのお知らせ(5件)
  ・「組込みシステム開発の基礎研修」受講者募集のご案内
  ・「ドットNETアジャイル・エンジニア育成研修」のご案内
  ・ソフトピアジャパンIT人材研修受講者募集のご案内 ≪助成対象≫
  ・次世代「Windows Phone」アプリケーション開発に向けたセミナー 
     参加者募集のご案内
  ・岐阜イノベーションセンター セミナー『これからのIT戦略』
     参加者募集のご案内

 ●テクノプラザからのお知らせ(2件)
  ・テクノプラザCADセミナーのご案内 ≪助成対象≫
  ・情報技術研究所研究成果発表会のご案内

 ●その他のお知らせ(6件)
  ・情報通信セミナー2010の開催〜通信・放送融合による将来動向〜
     参加者募集のご案内
  ・豊橋技術科学大学 システム制御研究室
    「人間・ロボット共生リサーチセンター設立式」のご案内
  ・第2回ものづくり岡崎フェア2010参加者募集のご案内
  ・本多スピリッツと日本のものづくり最先端を学ぶ夏の3日間
    −東北大・金属材料研究所「第80回金研夏期講習会」のご案内
  ・(財)ファインセラミックスセンター
    2010年度研究成果発表会(第22回)の参加者募集のご案内
  ・多治見市役所
    第4回ビジネスマッチング「企業お見合い」発注企業の募集について

**********************************************************************
●ソフトピアジャパンからのお知らせ (5件)
**********************************************************************
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□   「組込みシステム開発の基礎研修」受講者募集のご案内
■      http://www.softopia.or.jp/training/seino-it/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 本研修では、機能単位の(計測、制御、通信)のハードウェア教材を使用し、
スイッチ入力やLEDの点灯などの具体的な動きを通して、短期間にシステム
とハードのわかる実践的組込みソフト技術者の育成を図ります。

【開催日時】平成22年7月9日、16日、23日、30日、8月6日(全5日) 
      毎週金曜日開催 9:30〜17:00
【研修会場】ソフトピアジャパン センタービル11F 研修室2
      (大垣市加賀野4丁目1番地7)
【研修内容】1日目:組込みシステム技術習得の秘訣
      2日目:実験で学ぶ20の基礎電子回路
      3日目:事例で学ぶC言語の基礎知識とプログラミング
      4日目:応用事例で学ぶ実践的プログラミング技術の習得
      5日目:応用開発演習
     ※詳細は、ホームページをご確認ください
      http://www.softopia.or.jp/training/seino-it/
【受講対象】・全日程に参加出来る方
      ・企業・団体等に所属してる方
      ・製造、生産技術部門、機械、設計設備に携わる方で生産現場
       の改善や付加価値の高い製品開発を実現するため、組込み開
       発技術の基礎を学習したい方
【受 講 料】無料(経済産業省「地域企業立地促進等事業」の補助により開催)
【募集人数】16名
【申込締切】平成22年6月25日(金)17:00まで
【申込方法】応募用紙を下記アドレスからダウンロードしてメール又は
      Fax(0584-77-1107)等でお申し込みください。
      http://www.softopia.or.jp/training/seino-it/em01.html
△▼△----------------------------------------------------------△▼△
【申込・問合せ先】(財)ソフトピアジャパン 企業支援課 人材育成担当
          〒503-8569 岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7
          TEL:0584-77-1166 FAX:0584-77-1107
          E-mail:training@softopia.or.jp
▼△▼----------------------------------------------------------▼△▼

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□   「ドットNETアジャイル・エンジニア育成研修」のご案内
■      http://www.softopia.or.jp/training/seino-it/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 本研修では、高い品質を確保しながら開発チームの生産性を高め、柔軟なシ
ステム開発ができる手法として注目を集めているアジャイル開発手法の研修を
実施します。

【開催日時】平成22年7月22日〜平成22年9月10日 のうち11日
      9:30〜17:00
【研修会場】ソフトピアジャパン センタービル11F 研修室2
      (大垣市加賀野4丁目1番地7)
【研修コース】?アジャイル入門    (1日)7月22日(木)
       ?ドットNET開発入門 (2日)7月28日(水)・29日(木)
       ?デザインパターン入門 (2日)8月 4日(水)・ 5日(木)
       ?テスト駆動開発入門  (2日)8月26日(木)・27日(金)
       ?リファクタリング入門 (2日)9月 2日(木)・ 3日(金)
       ?演習コース      (2日)9月 9日(木)・10日(金)
      ※詳細は、ホームページをご確認ください。
      http://www.softopia.or.jp/training/seino-it/
【受講対象】・全日程に参加出来る方
      ・プログラム開発経験を有する方
      ・UMLレベル1相当のスキルを有する方
・Visual C#の基礎知識を有する方
      ・企業・団体等に所属している方
【受 講 料】無料(経済産業省「地域企業立地促進等事業」の補助により開催)
【募集人数】16名
【申込締切】平成22年7月2日(金)17:00まで
【申込方法】応募用紙を下記アドレスからダウンロードしてメール又は
      Fax(0584-77-1107)等でお申し込みください。
      http://www.softopia.or.jp/training/seino-it/dotnet1.html
△▼△----------------------------------------------------------△▼△
【申込・問合せ先】(財)ソフトピアジャパン 企業支援課 人材育成担当
          〒503-8569 岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7
          TEL:0584-77-1166 FAX:0584-77-1107
          E-mail:training@softopia.or.jp
▼△▼----------------------------------------------------------▼△▼


■□■━━━━━━━━━━[ぎふIT・ものづくり協議会助成対象研修]━
■□   「ソフトピアジャパンIT人材研修」受講者募集のご案内
■     http://www.softopia.or.jp/training/indexh22.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
◇◆7月開催予定講座◆◇
【ITエンジニア向け講座】
  ● Visual Basic 2008によるアプリケーション開発 〜基礎編〜
   【開催日】平成22年7月8日(木)〜9日(金)(2日間)
   【受講料】32,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年6月22日(火)

  ● Windows Server 2003 によるサーバ構築と管理
   【開催日】平成22年7月13日(火)〜15日(木)(3日間)
   【受講料】47,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年6月25日(金)

  ● 現場における『問題形成・問題解決』
   【開催日】平成22年7月23日(金)(1日間)
   【受講料】19,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年7月6日(火)

  ● 現場で使えるSEの技術 〜応用編:システム化演習〜
   【開催日】平成22年7月29日(木)〜30日(金)(2日間)
   【受講料】37,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年7月12日(月)

【ITユーザー向け講座】
  ● Access2003 〜マクロ&VBA編〜
   【開催日】平成22年7月20日(火)〜21日(水)(2日間)
   【受講料】22,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年7月1日(木)

  ● ホームページ作成 〜Dreamweaver編〜
   【開催日】平成22年7月22日(木)〜23日(金)(2日間)
   【受講料】24,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年7月5日(月)

  ● フォトショップ 〜ステップアップ編〜
   【開催日】平成22年7月27日(火)〜28日(水)(2日間)
   【受講料】25,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年7月8日(木)

【IT経営導入研修】
  各務原市内で開催!
  ● ホームページ作成 〜ホームページ・ビルダー編〜
   【場 所】各務原市産業文化センター
   【開催日】平成22年7月9日(金)(1日間)
   【受講料】10,000円 (教材費、消費税含む)
   【申込〆】平成22年6月21日(月)

※研修時間は全て10:00〜16:45です。
※研修の内容説明や、パンフレットの請求などを希望される方は、以下の
 問合せ先までご連絡下さい。
○----・------------------------------------------------------・----○
 【問合せ先】(財)ソフトピアジャパン 企業支援課 人材育成担当
       〒503-8569 岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7
       TEL:0584-77-1166 FAX:0584-77-1107
       E-mail:training@softopia.or.jp
○----・------------------------------------------------------・----○

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□  次世代「Windows Phone」アプリケーション開発に向けたセミナー 
■  参加者募集のご案内
■    http://www.iamas.ac.jp/gic/seminar/2010/seminar0702/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 岐阜イノベーションセンターでは、財団法人ソフトピアジャパンと連携して、
次世代「Windows Phone」アプリケーション開発に向けたセミナーを、下記の
とおり開催します。次世代への展開を見据えて、新たな取組みにチャレンジす
る方々の参加をお待ちしております。

【日 時】平成22年7月2日(金) 10:00〜15:30(受付開始 9:30)
【会 場】ソフトピアジャパン・センタービル11階 中会議室3
     (岐阜県大垣市加賀野4-1-7)
【内 容】
○第1部 Windows Phone 7(次世代Windows Phone)について
   本年2月にスペイン(Mobile World Congress)、そして3月の米ラスベガ
  スでのイベント(MIX10)でWindows Phone7の詳細内容が発表されました。
   Windows Phone7は、これまでのWindows Mobileの文化を踏襲しつつも、
  アプリケーションプラットフォームを含めて大きな進化を遂げているもの
  です。本セッションでは、MIX イベントで紹介されたデモなどもご覧いた
  だき、Windows Phone7の概要を紹介しながら、開発者や技術者としての対
  応についてのポイントをご紹介します。
○第2部 Windows Mobile アプリケーション開発概要
   Windows Mobile のアプリケーション開発は通常のWindowsアプリケーシ
  ョンと同じ感覚で作れるところが大きな魅力ですが、開発環境と実行環境
  が異なるクロスプラットフォームでの開発の為独特なやり方も必要です。
  このセッションでは簡単なサンプルアプリケーションを通じながらWindows
  Mobileアプリケーションをどのように開発するかご紹介します。
【講 師】マイクロソフト株式会社デベロッパー&プラットフォーム統括本部
    UX&クライアントテクノロジー推進部アーキテクトエバンジェリスト
                             高橋 忍 氏
【定 員】先着30名
【参加費】無料
【申込み】参加申込書を記入しFAXにて申込・問合せ先へ送付してください。
     参加申込書は下記の申込・問合せ先のウェブサイトからダウンロード
できます。
○----・------------------------------------------------------・----○
【申込・問合せ先】IAMAS
情報科学芸術大学院大学・岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー事務局教務担当
TEL:0584-75-6600 FAX:0584-75-6637 e-mail:gic_seminar@iamas.ac.jp
ウェブサイト:http://www.iamas.ac.jp/gic/seminar/2010/seminar0702/
○----・------------------------------------------------------・----○

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[再掲]━
■□        岐阜イノベーションセンター セミナー
■         『これからのIT戦略』参加者募集のご案内
■     http://www.iamas.ac.jp/gic/seminar/2010/seminar0701/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 岐阜イノベーションセンター(情報科学芸術大学院大学・岐阜県立国際情報
科学芸術アカデミー、マイクロソフト(株)、岐阜県)と(財)ソフトピアジ
ャパンでは連携によるIT産業、製造業などの県内企業の発展やイノベーション
創出のため、マイクロソフト(株)の持つ情報に接することができるセミナー
を開催します。また、経済産業省の新成長戦略(基本方針)や産業構造ビジョ
ン、IT戦略本部等の具体化に向けて、今後の情報政策の在り方等について、
産業構造審議会情報経済分科会の報告を元にした説明を行います。多数のご参
加をお待ちしております。
【日 時】平成22年7月1日(木) 13時00分〜17時00分
【会 場】ソフトピアジャパン センタービル 1階 セミナーホール
     (岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7)
【内 容】
  12:30
    受付開始
  13:00〜14:20 
    講演1 「マイクロソフトの考える今後のITの潮流」
    講師:マイクロソフト株式会社
        最高技術責任者 加治佐 俊一 氏
       マイクロソフト株式会社
        コンシューマー&オンライン マーケティング統括本部
        モバイルコミュニケーション本部 本部長 越川 慎司 氏
  14:30〜15:30
    講演2 「情報経済革新戦略について」
    講師:経済産業省
        大臣官房審議官(商務情報政策局担当) 富田 健介 氏
  15:40〜17:00
   パネルディスカッション
         「ITの潮流を見据えた県内企業のビジネス展開」
   パネリスト:株式会社ステップワイズ 代表取締役 長谷川 誠 氏
         株式会社セントラルファインツール
                     代表取締役 三宅 和彦 氏
         株式会社電算システム 専務取締役 田中 靖哲 氏
         経済産業省
          大臣官房審議官(商務情報政策局担当) 富田 健介 氏
         マイクロソフト株式会社
          コンシューマー&オンライン マーケティング統括本部
          モバイルコミュニケーション本部 本部長 越川 慎司 氏
         岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)
                           教授 吉田 茂樹
   コーディネーター:財団法人ソフトピアジャパン 理事長 熊坂 賢次
【参加料】無料(200名)
【申込み】E-mailまたはFAXにて、会社名・所属・職名・住所・氏名・
     電話番号・メールアドレスを明記の上、
     E-mail:gic_seminar@iamas.ac.jpまたはFAX:0584-75-6637へ
     お申し込みください。詳しくは、
     http://www.iamas.ac.jp/gic/seminar/2010/seminar0701/
     をご覧ください。
【締 切】平成22年6月25日(金) 午後5時(必着)
○----・------------------------------------------------------・----○
【問合せ】IAMAS
    (情報科学芸術大学院大学・岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)
     TEL:0584-75-6600 FAX:0584-75-6637
     電子メール:gic_seminar@iamas.ac.jp
○----・------------------------------------------------------・----○

**********************************************************************
●テクノプラザからのお知らせ (2件)
**********************************************************************
■□■━━━━━━━━━━[ぎふIT・ものづくり協議会助成対象研修]━
■□        テクノプラザCADセミナーのご案内
■          http://www.vrtc.co.jp/tp-cad/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

------------------------------------------------------------------------
/// 3DサーフェイスV5 ///
【開催日】 6月30日(水)-7月2日(金) 3日間  10:00〜17:00  
【学習目標】基本的なソリッドパーツでは難しい自由曲面を含む形状作成操作を
      習得します。
      1.ワイヤーフレーム作成
      2.サーフェイス作成
      3.ソリッドとサーフェイスの組合せ
【受講料】 107,100円 /(岐阜県補助で)71,400円

------------------------------------------------------------------------
/// 入門Pro/E ///
【開催日】 6月30日(水) 1日   10:00〜17:00  
【学習目標】コンカレント・エンジニアリングのツールとして多くの企業で使用
      されている「Pro/ENGINEER Wildfire3.0」を使用して、3次元モデ
      リングを行いながらハイエンドCADを体験します。
【受講料】 14,700円 /(岐阜県補助で)9,800円

------------------------------------------------------------------------
/// 入門Auto ///
【開催日】 7月5日(月) 1日  10:00〜17:00  
【学習目標】優れた操作性に定評のある2次元CADソフト「AutoCAD LT2010」を使
      用して、2次元作図演習を行ないながら、AutoCAD LTを体験します。
【受講料】 10,500円 /(岐阜県補助で)7,000円

詳しくはWEBで!
http://www.vrtc.co.jp/tp-cad/

------------------------------------------------------------------------
◆◆施設利用できます◆◆
 各種CAD、CAEソフト等、当館の施設利用が出来ます。
 詳しくは↓ホームページ↓をご確認の上、是非ご利用ください。
 http://www.vrtc.co.jp/tp-cad/

------------------------------------------------------------------------
【問合先】
 〒509-0109 岐阜県各務原市テクノプラザ1丁目1番地(4月より移転)
 テクノプラザCADセミナー 研修・運営業務担当 大前、櫻井
 TEL:058-379-6370 または 058-379-2281
 E-mail:tp-cad@vrtc.co.jp

------------------------------------------------------------------------
※特記事項
 各務原市内に事業所を有する企業及び市内に在住する個人の方が当研修を受講
 された場合、各務原市より補助金が交付されます。
 詳しくは↓ホームページ↓をご確認ください。
 http://www.vrtc.co.jp/tp-cad/

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□       情報技術研究所研究成果発表会のご案内
■     http://www.gifu-irtc.go.jp/seminar20100713.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 当研究所では、地域産業振興に貢献すべく、情報技術やメカトロ技術の研究
開発に取り組んでいます。この成果を広く皆様の業務の高度化・差別化の一助に
していただくため、下記のとおり研究成果発表会を計画いたしました。
 また、基調講演では、人の動作を支援する世界初の装着型ロボット“ロボット
スーツHAL”の研究開発・成果普及を筑波大学と共同で実施しているサイバー
ダイン株式会社の坂本光広代表取締役副社長に「ロボットスーツHALの現状と
未来」と題してご講演を賜るとともに、HALのデモンストレーションを実施い
たします。
 ご多忙中のこととは存じますが、是非、ご出席いただきたく、ご案内申し上げ
ます。

【日 時】 平成22年7月13日(火)13:30〜17:00
【場 所】 アネックステクノ2 1階 多目的研修室
      (岐阜県各務原市テクノプラザ1丁目21番地)
【共 催】 社団法人岐阜県工業会
【内 容】 13:00 受付開始
      13:30 あいさつ
      13:35 基調講演:「ロボットスーツHALの現状と未来」
           講師:サイバーダイン株式会社
              代表取締役副社長 坂本光広 氏
      14:45 研究成果報告
       ・「家具産業におけるサービス工学応用プロジェクト
              −RFIDを用いたアンケート端末の開発−」
       ・「画像を用いた食品評価に関する研究」
       ・「人物の行動計測技術の開発とサービス産業への応用」
      15:45 主要設備など研究所の活用方法について
      16:00 ポスター/デモ発表
       ・ロボットスーツHAL
       ・ポカよけシステム
       ・高機能電動車いす
       ・アイガモロボット 他
      17:00 名刺交換会(自由参加)
【参加費】 無料(定員60名、先着申込順)
【申込み】 当研究所ホームページ記載の申込方法に従い、FAX、
      またはメールでお申し込みください。
      http://www.gifu-irtc.go.jp/seminar20100713.html
【締 切】 平成22年7月9日(金)
       ※定員に達した場合には、締切前であってもお申込みを
        締切る場合があります。
・---------------------------------------------------------------・
【問合せ】 岐阜県情報技術研究所
       〒509-0109 岐阜県各務原市テクノプラザ1-21
       TEL:058-379-3300 FAX:058-379-3301
       メール:uketsuke@gifu-irtc.go.jp
・---------------------------------------------------------------・

**********************************************************************
●その他のお知らせ (6件)
**********************************************************************
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 情報通信セミナー2010の開催〜通信・放送融合による将来動向〜
■             参加者募集のご案内
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/tool/kohosiryo/hodo/22/05/0528-1.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 総務省東海総合通信局は、東海情報通信懇談会、東海電気通信協力会及び
情報通信月間推進協議会と共催し、通信と放送関連法案の改正に関する最新
動向、電波の有効利用に関する今後の展望等について講演会を開催します。

【日 時】平成22年6月28日(月) 13:30〜17:00(受付は13:00〜)
【場 所】愛知県産業労働センター ウインクあいち  901会議室
     名古屋市中村区名駅4丁目4-38 ※名古屋駅から徒歩約2分
【内 容】講演1
     「通信・放送の法体系の見直し(仮題)」
      総務省情報通信国際戦略局 情報通信政策課
       参事官 秋本 芳徳 氏
     講演2
     「電波の有効利用に関する今後の展望(仮題)」
      慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
       教授 中村 伊知哉 氏
【定員等】150名(先着順・参加費無料)
【申込方法等】
     平成22年6月21日(月)までに、氏名、会社名(団体名)、連絡先
     電話番号を記入して、FAX又はE-mailによりお申し込みください。
     なお、お申し込みの際にお知らせいただいた個人情報は、当該セミ
     ナーへの参加集約にのみ使用し、セミナー終了後廃棄します。
【主 催】総務省東海総合通信局、東海情報通信懇談会、東海電気通信協力会、
     情報通信月間推進協議会
【後援(予定)】岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、社団法人中部経済連合会
       協賛:財団法人電気通信普及財団
・---------------------------------------------------------------・
【問い合わせ先】
  東海情報通信懇談会 事務局 
    TEL:052-957-1803 FAX:052-961-6315
    E-mail:tnk@newton.or.jp(@は半角文字にしてください)
・---------------------------------------------------------------・

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□       豊橋技術科学大学 システム制御研究室
■    「人間・ロボット共生リサーチセンター設立式」のご案内
■      http://www.val.cs.tut.ac.jp/robot/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 豊橋技術科学大学は、2010年4月にロボット技術に関する研究センター
「人間・ロボット共生リサーチセンター」を新たに設立しました。その設立式
を開催します。当センターでは、最先端ロボット技術の紹介や企業と大学にお
けるニーズやシーズ等の情報交換を実施していく計画です。多くの方のご参加
をお待ちしています。

【日時】平成22年6月29日(火) 13時30分〜17時15分
【会場】豊橋技術科学大学 A2-101教室
【設立式プログラム】
 1.学長挨拶
 2.特別講演
    講演題名「今後のロボット研究開発を考える」
    立命館大学理工学部ロボティクス学科 教授 川村 貞夫
 3.センターの目的と全体説明
 4.センターを構成する3つのコア
 (共生型ロボットコア,共生空間ロボットコア,ロボット基盤・教育コア)
 5.今後の活動計画
 6.ロボットコンテストの活動
 7.見学会
【懇親会】17:30〜19:00 学内・ひばりラウンジ 参加費2,000円
【申込・問合せ先】
 豊橋技術科学大学 システム制御研究室 外山秘書
 TEL:0532-44-6653
 E-mail:toyama@syscon.pse.tut.sc.jp
 お名前とご所属をご記入のうえ,メールでお申込下さい。
 当日の参加も可能です。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□    第2回ものづくり岡崎フェア2010参加者募集のご案内
■        http://www.okazakicci.or.jp/fair2010/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 岡崎地域のものづくり事業所73社・機関の最新技術や製品を一挙に紹介。
同時に、地域活性化を目指し、今後が期待される成長産業分野、新素材、技術
開発等に関わる講演会・セミナーも開催します。
 今後のものづくりの新しい技術や製品の情報から「気づき」、「ひらめき」、
「次の手がかり」等の機会になりますので、多くの方のご来場をお待ちしてお
ります。『このフェアに来れば明日が変わる』

<開催概要>
【日 時】平成22年7月8日(木)・9日(金)10:00〜17:00
【会 場】岡崎市竜美丘会館(岡崎市東明大寺町5番地1)
【アクセス】名鉄東岡崎駅北口3番バスのりばより無料シャトルバスを運行し
      ます(徒歩の場合は、名鉄東岡崎駅より東へ約15分)
【内 容】
  ○展示会
   ・岡崎の優秀な技術や製品を一挙に紹介
   ・国、県のものづくりの助成を活用して開発された試作品も展示
   ・産学官連携の実績紹介と各大学によるシーズの紹介
   ・若手ものづくり人材育成の活動紹介
   ・岡崎ビジネス大賞の内容紹介
  ○講演会・セミナー
  (事前の登録が必要です。ホームページから登録ください)
   ・『地域活性化』を目指し、「今後期待される成長産業分野」、「新素
    材、技術開発」、「岡崎の次世代を担う若手経営者」の3つのテーマ
    で行います。
  ○交流会(定員に達しましたので、申込み受付終了しました)
【参加料】無料
【問合先】岡崎ものづくり推進協議会(岡崎商工会議所内)
TEL:0564-53-6191 FAX:0564-57-2189 E-mail fair2010@okazakicci.or.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□   本多スピリッツと日本のものづくり最先端を学ぶ夏の3日間
■    東北大・金属材料研究所「第80回金研夏期講習会」のご案内
■  http://www.imr.tohoku.ac.jp/jpn/event/kouen/summersemi80.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 「産業は学問の道場」,金研初代所長本多光太郎はかつてこのよう言い、産
業界と学会の技術者・研究者が共に学びあう金研夏期講習会を創始しました。
以来80回、戦争中に一時とぎれながらも、日本のものづくりの源泉として脈々
と続いてきました。産業と学問の歴史的大転換が求められる今、本多スピリッ
ツを受け継ぐ金研で、材料開発の基礎から最近の研究動向までを学んで日本の
ものづくりの飛躍へ。本多出生の地、そして、日本のものづくりの中心にある
中部の皆様の参加を歓迎致します。

【金研講習会の3大特徴】
 1.講義で基礎から学んで実習で体験−しっかり身につき現場に役立つ講習
   スタイル
 2.最先端を身につける−磁気、電子、構造、から医療まで−材料研究のて
   っぺん金研で学ぶ
 3.企業と大学の研究者の交流から人脈形成へ、若手との交流で人材発掘も
   さらに80回記念の特徴としてナノテク特集:東北大のナノテク支援体制
   や機器公開利用をご紹介80回記念オリジナル記念品を贈呈
【日 時】7月28−30日
【場 所】東北大学金属材料研究所(宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)
【申込み】ホームページから申込フォームにて申込み。
    http://www.imr.tohoku.ac.jp/jpn/event/kouen/summersemi80.html
【募集人数】50名 (定員に達し次第〆切り)
【受講料】一般:10,000円 学生:5,000円
  ※お申込時記載の住所またはe-mailアドレスに、受講料の振込依頼書を郵
   送またはe-mailにてお送りいたしますので、それにて受講料を納入願い
   ます。
【問合先】東北大学金属材料研究所総務課庶務係
     (TEL:022-215-2181,E-mail imr-som@imr.tohoku.ac.jp
☆講義のみ、実習のみの受講も歓迎いたします。まずはお問い合せください


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[再掲]━
■□   (財)ファインセラミックスセンターからのお知らせ
■    2010年度研究成果発表会(第22回)の参加者募集のご案内
■      http://www.jfcc.or.jp/26_event/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 (財)ファインセラミックスセンターでは、毎年7月に名古屋と東京で研究
成果発表会を開催いたします。今年は、名古屋会場を下記のとおり「愛知県産
業労働センター ウインクあいち」に移し、これまでにない充実した内容の発
表会を企画いたします。多くの皆様方のご参加をお待ちしております。

【名古屋会場】日時 7月5日(月)13:00〜
          (ポスターセッションは12:30〜)
       場所 愛知県産業労働センター ウインクあいち
【東京会場】 日時 7月15日(木)13:00〜
          (ポスターセッションは12:30〜)
       場所 東京大学 武田先端知ビル5階「武田ホール」
【研究成果発表会の概要】
 13:05〜13:50 特別講演
 ・7月 5日 名古屋会場「鉱物資源と物質収支」
   東京大学副学長・東京大学生産技術研究所教授 前田正史 氏
 ・7月15日 東京会場「低炭素社会のエネルギーシステム」
   財団法人 地球環境産業技術研究機構副理事長・研究所長 茅陽一 氏
 13:50〜15:30 研究成果 ショートプレゼンテーション
  ◆ 二次電池・燃料電池 ◆ 省エネルギー ◆ 環境・安心安全
 15:40〜18:30 研究成果+最先端機器・技術 ポスターセッション
   ? 研究成果:20件
   ? 最先端機器・技術紹介:15件
  ◆ ナノ解析 ◆ 信頼性・機能評価 ◆ 材料開発
 詳細はホームページをご覧ください。  URL;http://www.jfcc.or.jp
【参加要領】
  参 加 料:無料(要申し込み)
  申込方法:ホームページより、開催日の一週間前までにお申し込みくだ
       さい。なお、当日名刺2枚の持参をお願い致します。
http://www.jfcc.or.jp/26_event/index.html
【問合わせ先】(財)ファインセラミックスセンター 研究企画部
        TEL;052-871-3500 FAX;052-871-3599
        e-mail;kenpatsu10@jfcc.or.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[再掲]━
■□          多治見市役所からのお知らせ
■  第4回ビジネスマッチング「企業お見合い」発注企業の募集について
■        http://kigyouten.com/omiai/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 「企業お見合い」は、多治見市が主催する高密度型ビジネスマッチングです。
企業同士がお互いのニーズを十分に把握した上で臨む、一歩進んだ商談会です。
最初に、「商品を買いたい」、「仕入れコストを下げたい」、「新商品開発の
ための技術が欲しい」など、発注する側の企業を「発注企業」として今回募集
します。
 ※発注企業とのお見合い相手となる「受注企業」は改めて募集します。

◆第4回多治見ビジネスマッチング「企業お見合い」
【日 時】平成22年10月22日(金) 10時から17時まで
    (お見合い1コマ30分、昼休憩12時から13時)
【場 所】多治見市産業文化センター5階大ホール
    (〒507-8603 岐阜県多治見市新町1丁目23番地)
【主 催】多治見市

《発注企業申込について》
【申込方法】申込書に必要事項を記入し、多治見市役所 産業観光課へ提出
【申込期限】平成22年7月2日(金)午後5時
      ※申込書は、下記ホームページからダウンロードできます。
       http://kigyouten.com/omiai/
【発注企業数】先着70社(予定)
【参加料】無料
・---------------------------------------------------------------・
 ★問い合わせ先★ 
  多治見市役所 経済部 産業観光課 松尾・岡安
  TEL:0572-22-1111(内線1342)FAX:0572-25-3400
  E-mail:akihisa8@city.tajimi.gifu.jp
      okayasu@city.tajimi.gifu.jp
・---------------------------------------------------------------・

========================◆次号原稿の締切◆============================
■第316号は、 7月 2日(金)発行の予定です。
 原稿掲載希望の方は 6月29日(火)までに下記ホームページから、又は下
記アドレスにメールでお送りください。
 なお、企業からの情報提供は、ぎふIT・ものづくり協議会会員企業に限ら
せていただいております。
  URL:https://gifu-itmonodukuri.jp/modules/inquirysp3/
  E-mail:info@gifu-itmonodukuri.jp
===========================◆お知らせ◆===============================
■ニューズレターの購読中止、アドレスの変更は、現在の登録メールアドレス
 登録名をお書きになって、下記までメールをお寄せください。
 E-mail:info@gifu-itmonodukuri.jp/
======================================================================
■編集・発行:ぎふIT・ものづくり協議会/担当:木寺、種田
 〒503-0006 大垣市加賀野4−1−7 (財)ソフトピアジャパン内
 TEL:0584-77-1188 FAX:0584-77-1107
   info@gifu-itmonodukuri.jp/  https://gifu-itmonodukuri.jp/
            All rights reserved
======================================================================
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 第316号(2010年7月2日発行) 第314号(2010年6月4日発行) 次の記事